machimachi22mermaid’s diary

旅と映画と読書が好きです。旅先でぼんやりしているとあれこれ書きたくなったので、2016年8月13日、アムステルダムにて、ブログを始めました。

富士山

今年もあと3週間。早い。そんな折、東京へ行った。

九月から通っている文章講座だ。去年も6回通った。飛行機はいつも左側の席を取っている、運がいいと富士山が見えるからだ。去年は一回見えた。そして今回、再び見ることができた。いい天気で、空気が澄んでいる日。

飛行機でアナウンスがある。

「あと10分ほどでひだりに富士山が見えます」と。

で、10分したら、どどーんと現れるのだ。圧倒的な大きさと貴さで。f:id:machimachi22mermaid:20171210142549j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171210143308j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171210143357j:plainどこから見てもいいねえ。羽田空港に着陸する頃も遠く雲に紛れて見えます。

f:id:machimachi22mermaid:20171210143912j:plainでっかい!他の山と全く違う。孤高という感じ。まるで高倉健さんだ。拝みます。

10年以上前、仕事がしんどくて辞めたくなった。正月に富士山を見に行くバスツアーに申し込んだ。富士山を見れば何かいいことが起こるかもしれないと思ったからだ。相変わらず仕事はしんどかったけれど、近くで富士山を見て気分が上がったのを覚えている。

今も仕事でうつうつすることはあるけれど、富士山見たり旅をしたり映画に本に楽しいことはいくらもある。

お金もらっているものしんどくて当たり前だ。今年もあと少し。自分なりにじたばたしよう。

 

スイトピー

今週から実家のスイトピーを出荷する。今年もちゃんと咲いてくれて、ありがとう。

f:id:machimachi22mermaid:20171120201545j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120201553j:plain

かれこれもう30年以上前から我が家はスイトピー農家だった。

もっと前はぶどう農家だったけれど、スイトピーにシフトしていった。バブルの頃はスイトピーもバブルだったらしい。公務員だった私は特に恩恵を受けていない。

南国では寒色が、北国では暖色が好まれるという。都会では濃い紫や二色づかいのとんがった色が好まれるし、その年の流行色はスイトピーでも流行色になるらしい。

色によって名前が付いている。ダイアナ、ラベンダー、マッカー、あんみつ姫などなど。ゆっくり親に聞いてみたい。もう今年で最後だから。

f:id:machimachi22mermaid:20171120202316j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120202330j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120202343j:plain残念だけれど仕方ない。親が高齢で、特に父は床に伏せるようになってしまった。もう農作業は無理だ。いつかはこんな日が来るとは思っていたけれど現実になった。今まで楽しませてくれた。スイトピーにも親にも本当に感謝している。

 

最後の年のスイトピーをしっかり愛でよう。

f:id:machimachi22mermaid:20171120202832j:plain

「ぱんごーの」という店

友人に誘われて初めて来ました、ぱんごーの。

ナビに電話番号を入れて、自宅から30分足らずで来れました。

f:id:machimachi22mermaid:20171120014942j:plain

山の中にある一軒家です。昔はパン屋さんでもあったらしいですが、現在はランチのみ。何やら階段を登って行くと、こんな風景が。f:id:machimachi22mermaid:20171120014438j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120015120j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120015057j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120015203j:plainお店の中は友人たちのみ。薪ストーブが温かい。

f:id:machimachi22mermaid:20171120015433j:plain50か60代くらいのご夫婦がしているお店で、人生の楽園という感じ。そういえば、去年55で退職して軽井沢へ引っ越した友人はどんな生活をしているのでしょう。

もう一度外に出て、お庭を観察しました。

f:id:machimachi22mermaid:20171120015736j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120015806j:plain

プレートランチ1,080円を注文しました。野菜は新鮮、品数いろいろで美味しゅうございました。

f:id:machimachi22mermaid:20171120015616j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171120015623j:plainハーブティは自分でアレンジできます。ステビアを入れたら甘かったと友人が言っていました。

f:id:machimachi22mermaid:20171120015918j:plain土産に朝採れ野菜100円を買って夕食のサラダにして食べました。スーパーのよりだんぜんシャキシャキでした。また来ます。

そうそうぱんごーのというのはゆっくりという意味だそうです。何語かは忘れましたが。良い時間をありがとうございます。

f:id:machimachi22mermaid:20171120020120j:plain

1111始まりの日

昨日、蘇州日本人学校時代の同僚の結婚式に行ってきた。

結婚式に出席するのはかれこれ30回目くらいだろうか。幸せな空間にいるのは心地よい。昨日は11月11日、スタートらしくいいゾロ目だ。f:id:machimachi22mermaid:20171112101152j:plain

若い二人は当然輝いていた。

f:id:machimachi22mermaid:20171112101044j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171112101723j:plain花嫁のデコルテやら首の美しさを見て、あ、もう私はウエディングドレス着るのは無理、と思った。まだ、考えていたのか?という突っ込みが聞こえてきそうだが。しかし、地味な和装の式くらいは諦めないことにする。

蘇州時代が終わって三年が経とうとしている。おかげで懐かしい仲間と会うことができた。

f:id:machimachi22mermaid:20171112101114j:plain三年ぶりどころか、もっともっとの人もいる。

チャイナドレスが多いのは、さすが中国仲間だ。

f:id:machimachi22mermaid:20171112102308j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171112102315j:plainわたしも一着作ったが、体が大きくなったので入らない。残念だ。

先月人間ドックで、生真面目そうなドクターに「あなたは、運動が不足しているわりに、栄養が過剰です。」といわれた。知ってます。さらにその後、栄養指導の明るい女医さんに「あなたの血液は、普通の人がお茶だとすると、カルピスの原液です。」と言われた。きゃっはー!トロトロ〜、あま〜い、おもしろ〜い!って、反省しろ。

痩せなきゃ痩せなや。わかってるわかっている。食べてる食べてる。

f:id:machimachi22mermaid:20171112102944j:plainいい1日をありがとうございました。

 

マザーハウス、山口絵理子さんのこと

9月にカンブリア宮殿というテレビ番組で山口絵理子さんのことを知った。

f:id:machimachi22mermaid:20171112083911j:plain小学校時代は不登校、中学時代は反動で非行、高校時代は柔道で県優勝。

高校は工業高校だったけれども猛勉強してAO入試で慶応大学に入り、経済学の勉強をするうち、当時世界最貧国で検索したバングラデシュに行き、更にバングラデシュの大学院に行き、バングラデシュでもの作りをし、現在、マザーハウスという店のデザイナー兼経営者をしている。

いやー本も面白かった。なんて心が真っ直ぐで美しい人だろう。山口さん、マザーハウスのファンになった。

で、そんな折、大阪で講演会があったので行ってきた。

f:id:machimachi22mermaid:20171112085310j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171112085319j:plain本に書いてある話を直に聞けた。人生曲線はこんな感じ。

f:id:machimachi22mermaid:20171112085451j:plainそもそも小学生の時は、いじめに会い不登校だったのでどん底だ。それが6年生でだんだん行けるようになり上がってきた。今でも、学校に1日いられたことが人生最大の喜びだという。

中学校ではその反動で非行に走って好き放題やっていて楽しかったけれど、堕ちていく仲間を見て、このままではいけないと思い更正したという。

講演会の前と後にマザーハウス2店に行った。素敵な店だった。スタッフも気持ちいいし。品物も素晴らしい。

f:id:machimachi22mermaid:20171112085939j:plain行きに大阪本店でジュエリーを買った。カンブリア宮殿でも紹介されていた二つの石を組み合わせたもの。私が買ったのはアメジストとシトリンを組み合わせたピアスだ。それなりのお値段だったが買っちゃった!耳元でプルプル揺れるのが可愛い。

f:id:machimachi22mermaid:20171112090242j:plain帰りは本屋さんの中にある店で赤いバックを買った。これまたいい。大きさといい色といい、肩と背中に掛けられる2ウェイといい、旅の友にしたい。更に店員さんがイケメンだった。思わず「イケメンでいろいろ大変ですね。」と言ってしまった。大阪のおばちゃんだ。イケメンさんは「そんなことありませんよ。」と礼儀正しく返した。そこは大阪らしく笑いをとる返しが欲しかった。贅沢だが。

f:id:machimachi22mermaid:20171112090026j:plainともかく、山口さん、マザーハウス、これからも注目していきたい。

イベントのあと、一緒に写真も撮ってもらった。うふふ。かわいいなあ山口さん。あたし、顔でか!

買ってきたピアスを見せたら今日のファッションとあってますね。紫がお似合いですと言われた、社交辞令でもうれしいわ。うぷぷぷ。

f:id:machimachi22mermaid:20171112091030j:plain

 

こはる日記

益田ミリさんの最新作「こはる日記」いい。f:id:machimachi22mermaid:20171031232501j:plain15歳と17歳と19歳の時の普通の日々を描いていて、すごく共感できる。

ちょっとした心に引っかかった出来事を思い出す。

f:id:machimachi22mermaid:20171031232523j:plain15歳の頃は、廊下の角を曲がると、ちょっと気になる男子とぶつかって、恋が始まるような気がしていた。しかし実際は、そんなほのかな恋物語はなく、たとえぶつかっても吹っ飛ばしておしまいな青春だった。

大人になるのも悪くはない。一人お気に入りの喫茶店でミルクセーキを飲んでみる。

f:id:machimachi22mermaid:20171031233037j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171031233204j:plainほのかな甘み。昔、母が作ってくれたミルクセーキは卵の黄身が見えていたし、もっと甘ったるかった。手作りアイスクリームもそんな感じ。

私は作ってもらってばかりで、誰にも作ってあげてなくて、母の味を伝えてあげられないな。

f:id:machimachi22mermaid:20171031233442j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171031233450j:plainねえジジちゃん。

ありがとうの日


f:id:machimachi22mermaid:20171011200102j:plain10月11日、水曜日、晴れ。

何回めの誕生日?祝ってもらえてありがたい。

今宵は、母の手料理とコンビニのパフェをいただきました。正確にはまだパフェは食べていません。おなかいっぱいすぎて。

しかし、このパフェ早く食べないといけないのです。なぜなら、売ってはいけないものをタダでもらったから。

f:id:machimachi22mermaid:20171011200244j:plain

 

以前、友が美味しいと言っていたパフェが一つあったので買おうとしたら、消費期限がきているから売れませんと言われたのです。コンビニは、レジでピッとした時にわかるんです。以前もそういうことがあったから。

でも私は「大丈夫です、私の胃袋は丈夫ですから」と言ったら、なにやら奥に引っ込んで行きました。在庫を調べていたのでしょう。出てきて申し訳なさそうにするから、「今日、私誕生日なんです。大丈夫大丈夫」と言ったら、タダでくれました。すみませーん、わがまま言ってすみませーん。でもさ、もったいないよね、15時間ほどすぎてるだけなんだから。2日、3日経っていても私は平気何ですけどね。

と、無理やり奪った栗のパフェですが、お腹いっぱいなので明日の朝ごはんにします。

いろんな方が祝ってくれて嬉しいです。ありがとうございます。

健さんの命日は11月10日、運命ですね。いえ、こじつけです。

f:id:machimachi22mermaid:20171011201322j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171011201206j:plain

そして、今週末は東京で文章講座です。健さんと親交のあった近藤勝重先生様。50通もの手紙のやりとりや直接会ったりしていて羨ましい。ああ、会いたかった拝みたかった。

同じ時代の同じ国に生まれただけどもしあわせですね。俵万智さんがそんな歌を詠んでましたわ。

近藤先生の文章術の本は、なぜか仕事術のコーナーにありました。土曜日にお見せしたいわ。

f:id:machimachi22mermaid:20171011202010j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20171011201908j:plain