machimachi22mermaid’s diary

旅と映画と読書が好きです。旅先でぼんやりしているとあれこれ書きたくなったので、2016年8月13日、アムステルダムにて、ブログを始めました。

旅の良さ

旅の面白さはいろいろある。

まずは旅立つ前の楽しみ。ここへ行くと決めた場所についてあれこれ調べたり、関連の本を読んだりテレビを見たりするのは楽しい。

今回は青島でガイドブックも関連本もなかったけれど、普段は見逃してしまうような番組で取り上げられていたのを見た。海岸で女の人は日焼けを気にして覆面をかぶっていて「そんな格好で恥ずかしくないのか」と聞かれ、「日焼けする方が恥ずかしい」と答える図太さはさすが中国だと思った。今回は海水浴場ではないのでそんな人はいなかったけれど重装備の人はいた。

f:id:machimachi22mermaid:20190716054708j:plain旅先での食事も楽しい。今回は友人が美味しいところばかり連れて行ってくれたので毎回美味しくて美味しくて、、、太ったなあ、これは。

f:id:machimachi22mermaid:20190716054955j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055212j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055004j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055046j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055251j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055054j:plain路上売ってるサソリの素揚げは食べなかったけど。

ホテル生活もいい。朝食は美味しいし、部屋は綺麗だし。特に中国は物価が安いから12000円で朝食付きの豪華な部屋に泊まれる。今回のクラウンプラザなんて最高!

f:id:machimachi22mermaid:20190716055307j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055545j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716055533j:plainホテルライフを満喫します。旅に出ると本も読めます。今回は3冊読みました。昨日読んだ内館牧子さんの「夢を叶える夢を見た」なんて、分厚くて普段ならなん日もかかるけれど旅先だと1日で読み切ります。空港の待合時間なんていい読書時間です。

f:id:machimachi22mermaid:20190716060417j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190716060616j:plain

他にも珍しいものを見たり、現地の人と触れ合ったり、そんなこともひっくるめて、
旅の良さで一番いいのは、ちょっとしたことでも普段より深く考えたり、視点の違う見方をしたりすることです。人生が豊かになります。

昨日の夜TWICEと空港内で会って、追っかけを見て、なんだか変な気持ちになりました。同じ人類なのに骨格から違う美しいアイドルとそれを追いかけすごい量の写真を撮りまくる美しくない一般人。いやー私の体なんて粘土でいっぱいお肉作んないとできない形だわ。ホテル朝食会場で果物を包みまくる中国人。あああ、やせ我慢しながら美しく生きたいと思ったわあ。いや別にアイドルがいいというわけでなく、むしろきどりすぎて嫌だけど、 ちゃんとしてようと思ったりしたわあ。写真撮りまくって説得力ないけど、はは。

f:id:machimachi22mermaid:20190716061705j:plain

最後に、旅が終わって日常を取り戻していくのも好きです。帰宅途中の風景。家の匂い。さ、またお仕事頑張るぞ。

2日目1日青島、3日目帰国仁川空港トランジット

三連休中日は丸一日青島です。まずは地下を乗り継いで青島駅へ。そして、海岸を歩きました。マックのソフトクリーム入りココナッツジュース150円が美味しい。

f:id:machimachi22mermaid:20190715215217j:plain

青島駅

 

f:id:machimachi22mermaid:20190715215229j:plain海岸を歩きました。すごい人。

f:id:machimachi22mermaid:20190715215742j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715215754j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715215853j:plain昼ごはんは、友達お勧めの焼き餃子屋さん。セロリ味と玉ねぎ味6個ずつたべ、あした。220円くらい。トウモロコシの粥は15円。

f:id:machimachi22mermaid:20190715215936j:plain


f:id:machimachi22mermaid:20190715215930j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715220214j:plain

中国では餃子は茹でるのが一般的。焼き餃子はめずらしいのです。

歩いているとサソリの素揚げが。んー、油の匂いが古そうなので食すのはやめときました。

f:id:machimachi22mermaid:20190715220224j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715220526j:plain2日目もマッサージ、今度は全身。70分1800円くらい。昨日の足つぼは同じ時間でも1500円。どっちもいい、中国これが素晴らしい。毎日でもしたい。カッサでゴリゴリして背中がすごいことになりました。

晩御飯は火鍋です。懐かしい中国の食事たち。またきたくなったわ。f:id:machimachi22mermaid:20190715220556j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715220603j:plain3日間は帰るだけ。12時5分のバスまでの時間、午前中ホテルで本読んで過ごしました。帰国途中のトランジット仁川空港でTWICEがいました。取り巻きがすごかった。本人たちは顔が小さかった。なんか、ずっと気取ってないといけないのね。

f:id:machimachi22mermaid:20190715221846j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715222005j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715220907j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715221027j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715222121j:plain

 


f:id:machimachi22mermaid:20190715220921j:plainあー休みが終わっちゃった。








青島の晩御飯やら朝御飯やら

1日目の晩御飯は、日本人時代の友人とその友人の呂さんと青島料理店へ。
f:id:machimachi22mermaid:20190715103414j:plain

アサリの小籠包f:id:machimachi22mermaid:20190715103422j:plain

キノコスープf:id:machimachi22mermaid:20190715103522j:plainほうれん草のピーナッツ絡め

f:id:machimachi22mermaid:20190715103519j:plain酢豚

f:id:machimachi22mermaid:20190715104031j:plain揚げなすとお肉。全て美味。

f:id:machimachi22mermaid:20190715104028j:plain店はずっと混み合っています。また増量して帰国だわ。

f:id:machimachi22mermaid:20190715104229j:plain呂さんは市のせいふに勤めている好青年で、大学時代勉強したので日本語が話せます。

仕事は「つまらない書類仕事」だそうですが。父は外交官で、お兄さんもいます。一人っ子政策じゃないの?と聞いたら、やはりそうで莫大な罰金を払ったそうです。

しゅうさんはどうかと聞いたら「立場上いいとしか答えられない」と。そりゃそうだわね。でも、生活は良くなっているので今のせいじに満足しているとも言っていました。羨ましいことです。

日本のどこが好きかと聞いたら「漫画と行儀がいいところ」だと。ふーん、確かに礼儀は断然日本の方がいいよ。中国の本屋に行けば座り読みしてるしビニールビリビリ破って読んでるし。電車ではまだ降りているのに乗ろうとするし、車はわりこんでくるし。待っていてはいけない、自分からどんどんいかないといけない国なのです。

f:id:machimachi22mermaid:20190715105409j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190715105754j:plain

でも、日本で空気を読んだり気をつかすぎるせいか、こっちへ来ると開放的で感情をあらわに出来るのでなんか元気になれます。

そういえば、7年前日本で器官を患って夜中に咳が止まらなかったのに、中国で三年暮らしている間に治りました。空気の悪さより精神面の開けっぴろがさが勝ったのでしょうか。

だだっ広い道路も安い交通費もいいです。地下鉄とバスを何回も乗ったけれど100円足らずしか使ってません。食費も安いから2日食費やお土産やマッサージなどに使ったのは7,500円くらい。マッサージは2日とも通いました。

カード作ってもらったからまた来なくっちゃ。やっぱり中国いいわあ。大好きだわ。

f:id:machimachi22mermaid:20190715105117j:plain

朝ご飯もホテルバイキング、大変美味しゅうございました。

f:id:machimachi22mermaid:20190715110237j:plain

 

 

 

四年四ヶ月ぶりの中国へ

三連休を利用して中国に来ました。

三年間暮らした中国でしたが、離れて四年四ヶ月ぶり に来るといろんなことが懐かしく、やっぱり好きだわこの国と思いました。

今回は青島で暮らす友人を訪ねる旅です。バイタリティあふれる人で会うとパワーをもらえます。中国全省を訪ねる旅をしていて、この夏残り5省を制覇するそうです。この方に会えればいい旅だから観光はなくてもいいのです。飛行機代43,000円と宿泊費3泊4万円で、弾丸旅行です。贅沢だわ。

まずは岡山空港で朝定食700円。f:id:machimachi22mermaid:20190714043044j:plain10時30分に飛び立って、仁川まで1時間30分。それから青島まで1時間30分。乗り継ぎ時間が1時間もなくてドキドキでしたが、さすが大韓航空、間に合いました。

前に台北行くとき上海で乗り継ぎで、中国東方航空はえらい目にあってるからね。上海浦東空港を全力疾走して間に合ったけれど荷物は間に合わず、3日間同じ服で過ごした思い出。まあ、1時間しか乗り継ぎを確保してない私が悪い。

乗り継ぎは2時間は欲しいけれど今回たったの1時間。それでも間に合ってやれやれ。

f:id:machimachi22mermaid:20190714044830j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190714044909j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190714044848j:plain機内食もちゃんとしたサンドイッチだし。2回とも出たし。

青島について、空港の外に出られたのは2時過ぎ。友達が迎えに来てくれていました。今回はスムーズに会えて嬉しい。バスでホテルまで行って、部屋に行くと、まあ素敵。こんな部屋、日本だと1万2千円では泊まれないわ。ありがとうクラウンプラザ

f:id:machimachi22mermaid:20190714045838j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190714045653j:plainそれから足つぼマッサージへ。中国を離れてこれができないのが一番かなしかったから滞在中毎日でもしたい。70分99元、1400円なんて安い安い。あー気持ち良かったあ。日本だと10分1000だものやってられないわ。物価の違いね。

f:id:machimachi22mermaid:20190714045942j:plain町を歩いているといろいろ思い出します。霞んだ空、潮と酸っぱい香りが混ざった中国の匂い、だだっ広い道路、高層マンション、無理やり突っ込んでくる車、うるさく話す人々。あーいい。また暮らしたくなった。

f:id:machimachi22mermaid:20190714050808j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190714050916j:plain

本屋さんに行くと相変わらず東野圭吾村上春樹が人気でした。

f:id:machimachi22mermaid:20190714051112j:plain他にもいろんな日本の本があって、日中関係は悪くないことがわかります。7年前は、尖閣諸島問題で反日デモがあったことなんてウソのようです。仲良くする方がいいことばかりよ、今韓国と悪くなっているからねえ。

人間便利店とはコンビニ人間のこと。読んでないけど。よしもばななは、あんな漢字ね、ふーん。

この後、友人の知り合いの中国青年も交えて食事。これもまた中国事情がわかって楽しかった。続きはまた。

f:id:machimachi22mermaid:20190714051414j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190714051335j:plain

 

 

ヨシダナギさんのことなど。

5月から始まった月1の文章講座、今回が3回目です。でも、第3期だからかれこれ15回目です。場所は東京の幻冬舎です。

幻冬舎千駄ヶ谷にあります。ここに行くのも慣れて来ました。羽田空港から渋谷で乗り換えて最寄り駅の北参道駅まで1時間余りの道のりです。

早い便できた時は時間があるので散歩をします。近くの鳩森神社村上春樹さんのエッセイにも出てくるこじんまりとしたいい神社です。将棋会館もあります。最近好きになったのはタイ料理屋さん。すんごい量。焼きそばパッタイだけでも十分だけど、ついついお得なセットにしてしまうぽっちゃりのサガ。f:id:machimachi22mermaid:20190713085209j:plain幻冬舎から歩いて五分足らずのところにあります。おいしかった。ナンは3分の2残してしまったけれど、おやつに持ち帰るのもぽっちゃりのサガ、か?いやしいわあ。

f:id:machimachi22mermaid:20190713090209j:plain文章講座のあとは横浜の友人宅へ。横浜そごうでヨシダナギさんの写真展をしていたので、途中下車。

f:id:machimachi22mermaid:20190713090505j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713090544j:plain


f:id:machimachi22mermaid:20190713090545j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713090540j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713090556j:plain

面白かったわあ。この人のエネルギーすごいわあ。写真も面白いけどコメントも面白い。世界にはいろんな民族がいてそれぞれの価値観があって、幸せもみんな違うってわかる。

f:id:machimachi22mermaid:20190713091059j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091011j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091200j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091222j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091255j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091214j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091356j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190713091416j:plain星野道夫さんも、写真も文章も深みがあってよかったよなあ。ナギさんは深みというより面白みだけれど。

夜は友人宅でこれまたご馳走。感謝です。赤飯に生姜とレーズンを散らすなんてオッシャレー。さすがハマっ子。

f:id:machimachi22mermaid:20190713091617j:plain

 

七夕に寄せて


f:id:machimachi22mermaid:20190706101716j:plain岡山桃太郎空港にあった雛人形。七夕仕様になっている。

解説の言葉もわかりやすい。明日は七夕だ。ANAJALもそれぞれに飾り付けている。なんか、いいね。

f:id:machimachi22mermaid:20190706101953j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190706101959j:plain

クラス担任をしていた頃は、自宅の裏山で竹をとって、クラスの子どもたちに短冊を配って願いごとを書かせたりしたものだ。中学三年生の多くは

「志望校に受かりますように」「頭が良くなりますように」と書く。心の中にいつも引っかかっているのだろう。切実だ。

「世界制覇」なんて書く子もたいていいる。

クラスメートが見るわけだからあまりに個人的すぎることや生々しいことは書けない。でも、何を書いていてもその人となりは伝わる。カッコつけたかったり、本心を出せなかったり、根っからの良い子だったり。

私が書いていたのは「アンジェリーナ・ジョリーみたいになれますように」だ。時代によってレディ・ガガになることもある。つまんない女だ。

今だったらなにを書くだろう。

父が元気になりますように。母の身体が楽になりますように。

彼女に伝わりますように。

f:id:machimachi22mermaid:20190706103600j:plain

彼女がこの世から突然消えて12日目。もう毎朝泣くことはなくなったし、友人と話をして笑うこともある。彼女のいない世界にも少しずつ慣れている。

でも、あまりに唐突に消えてしまったからまだ整理できない。なぜ闘病中にもっと元気づけられなかったのか。もっと大切な話はできなかったのか。

ちゃんとありがとうを伝えたかった。あなたは本当に偉いよって、何度も何度も言いたかった。何年も親の介護をして、そのために仕事も辞めて、旅行もしないで。いつも明るくって優しくって。また会えると思っていたから、きちんと伝えられなかった。

夏の花は色鮮やかできれいですね。今年は七夕の空に向かって祈ります。ありがとうありがとうトシちゃん。あたしはもうちょっとましな人間になるよう生きていきます。

f:id:machimachi22mermaid:20190706104509j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190706104515j:plain


f:id:machimachi22mermaid:20190706104630j:plain

f:id:machimachi22mermaid:20190706104521j:plain

 

不思議な偶然

ずっとともだちのことが頭から離れなくて、ぼんやりしている。

昔不思議な偶然があった。

平成4年3月3日水曜日、中学三年生の教え子が交通事故で亡くなった。

f:id:machimachi22mermaid:20190629142821j:plain

なぜ曜日まで覚えているかと言うと、その一週間前にその子から手紙をもらったからだ。

その頃私は仕事に行き詰まっていて、暗くて下を向いていることが多かった。その子は前の年、2年生で担任していたのだけれど、3年になってからは接点がなくなっていた。なのに、手紙をくれた。下を向いている私に気づいて励ましてくれ、感謝していると伝えてくれた。私が担任していた頃教えた言葉を私に贈ってくれた。

「人生はシリアスでハードワークだうそでもいいから笑って生きよう」

その子も私立高校の試験に落ちてがっくりしている時で、この言葉を励みにしていると書いていた。

それなのに、一週間後の水曜日の朝、交通事故に遭うなんて。

その頃、不思議なことがあった。いつもは帰らない道を通りたくて通ってみた。そうしたら葬儀でその道を通ることになった。

授業中、なんでもないのに急に涙が止まらなくなった。

その子に母親は、その子を生んですぐに亡くなった。墓石を見てみると、その時の私と同じ年齢だった。出身地も同じ船穂町だった。

縁があったのね。その子がなくなって、死ぬことに比べたら、仕事でうまくいかないことなんて、どうでもよくなった。その子が命をもって教えてくれた。生きてるだけでまるもうけ。

f:id:machimachi22mermaid:20190629144101j:plain私は今日も生きていく。