machimachi22mermaid’s diary

旅と映画と読書が好きです。旅先でぼんやりしているとあれこれ書きたくなったので、2016年8月13日、アムステルダムにて、ブログを始めました。

連休前に

気がついたら連休前1週間だ。 今年は4連休があるから、どこか行きたい。海外も考えたが、まだ迷い中。 それよりも母の喜寿の祝いを入れたい。こういう祝い事には疎くて、妹の夫から言われるまで気がつかなかった。 誕生日の祝いなんて我が家では子供の頃しか…

社訓と座右の銘

本日も木々にてモーニング。ダイアモンドを3冊読んだ。 興味深かったのは、社訓。 それぞれの会社の理念が込められた言葉で、大きなものから小さな?ものまでどれもなるほどでした。 人間でいうと座右の銘かな。「わたしは生きてるだけでまるもうけ」と「人…

木々珈琲舎モーニング

初めて木々珈琲舎のコーヒーを飲んだ時、トーストを食べた時、驚いた。おいしい。 コーヒーはすっきり。トーストはバターの香りとサクサク感ともっちり感がいいバランス。幸せな朝の始まりだ。 週刊誌もいいセレクトだ。東洋経済なんてここで初めて読んだ。…

トヨタと風水

今日、上司と話していて風水のはなしになった。 上司は、そういうことは信じないのだけれどと前置きしながら、 「北東に白南天を南西に朱南天を植えると言われているから云々」と言いました。 三年前、中国にいた時、職場研修でトヨタでの話を聞いた。その時…

中国では未婚の母になると罰金があるらしい

珈琲館でポイントが貯まったのでタダでベトナムテイストコーヒーデキャンタ630円を飲んだ。どのコーヒーでもタダなのでなるべく高いのを頼んだ。うう、慎ましくもせこい。 今日、中国人の友達から久しぶりにメールがきた。久しぶりも久しぶり、3年ぶりだ。そ…

1日の気持ちのまま

新年度が始まって10日。 何事も始まりはワクワクする。大人も子供も張り切っていて、遠慮もしていていい距離感だ。これがだんだん遠慮がなくなり、初心を忘れていく。 毎日が4月1日、あるいは1月1日だったならば、新しい気持ちのままでいられるのに。

夏井さん

俳句は好きだが得意ではない。自分で作って見てもイマイチだ。 10年以上前、読売新聞からの募集で「黛まどかさんとめぐる吟行」とか「俵万智さんと作る短歌」の会に二、三回ずつ出かけた。京都の宇治や神戸や大阪の住吉神社やら一緒に歩いて俳句、短歌を練る…

日常の違和感

休日の朝にモーニング食べながら雑誌を読む。 珈琲館では、週刊朝日、週刊文春、アエラ、婦人公論を読む。 婦人公論は興味深い記事が多い。対談だって面白い組み合わせだ。能町みね子さんは、文字数が一目でわかるそうだ。それは誰でもそうかと思っていたと…

しんさいニート

この本、面白かった。 福島で震災にあった人の漫画だけれど、震災そのものよりも鬱病になった経緯が興味深い。 震災も引き金ではあるけれど、幼い頃からの親子関係が原因でこんなに引きずるものなのですね。 鬱病かあ。私も一歩手前だったなあ。もうならない…

2週間

新年度になって2週間。ブログ毎日を始めて2週間。ダイエットを始めて2週間。 9時過ぎに帰宅する日々が続き、体重は2キロ減ったし、ブログも続いている。やるう。いい習慣だ。まあ、ダイエットは3月に太った分、元に戻っただけだからこれからだけど。 今日の…

離任式

今日職場で離任式があった。 こういう時、気の利いた話ができる人はいい。短めで気が利いているとなおいい。長くてもいい話ならいい。長くてつまんない話だとげんなりする。 最近人前で話す機会が多いのだけれど、ちっとも上手に話せない。自分自身にげんな…

映画と現実

現実が辛い時は、映画を観る。 別世界に浸ると、現実を客観視できる。まいっか、と思える。 今週はえらかった。毎日9時過ぎまで仕事して、晩御飯も面倒でからりんごを食べていたら2キロ減った。ひゃっほー。 今日見た映画は「ペンタゴンペーパーズ」うんうん…

疲れた

3日連続で、9時過ぎ帰宅。今日は10時過ぎ。 晩御飯はりんご。ゴリラのような生活。 遅い帰宅でも成果が見えたらやりがいもあるけれど、なんだか見えないのよねえ。 何やってんだろう、前に進んでいるのか?ぐるぐる回っているだけなのか?もしかして後退して…

地震

夜中の1時半に地震があった。 直前に目が覚めてぼんやりしていると、グラグラグラ〜っと割合大きく揺れた。震度3はあるなあと感じた。朝ニュースを見ると島根が震源らしく、倉敷は震度4だった。 1995年の阪神大震災のときほどではないかなあ。あの時は驚いて…

差別と区別

モーニングを食べながら雑誌を読んでいると、面白い記事があった。 週刊新潮の藤原正彦さんの記事だ。 氏が勤務するお茶の水女子大学に男子が入学できないことが違憲だとする意見に対して、氏が述べた言葉がこうだ。 「伝統は憲法で云々すべきものではない。…

休日の朝

休日の朝、モーニングを食べながら雑誌を読むのが幸せなひと時だ。 三件の喫茶店を巡っている。今日は家から車で10分の珈琲館。コーヒーがおいしいし、安い。雑誌は、他店いないものがある。週刊朝日とアエラと婦人公論は欠かせない。 アエラにも婦人公論に…

スイトピー

我が家はスイトピー農家だ。 スイートなピーだけあって甘い香りがする。色もいろいろで、赤、白、クリーム、薄ピンク、濃ピンク、薄紫、濃紫、、、。黄色は白を染め粉につけて、オレンジは、ピンクを染め粉につけている。水色や黄緑も染め粉だ。染め粉につけ…

桜の季節

昨日の雨で桜が散ってしまった。 世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし 昔はこの歌の意味がわからなかった。なぜこれが名句として残っているのか不思議だった。しかし今は実感としてわかる。 若い頃は、桜が咲くのが楽しみという気はなく、気…

パプアとマラウイ

パプアニューギニア、どこにあったっけ? 友人の息子が1月から青年海外協力隊でパプアニューギニアに行っているという。 私の職場の同僚女性26歳も青年海外協力隊で現在マラウイに行っている。これはアフリカ南部の国だ。隣国はタンザニア、ザンビア、モザン…

X JAPAN Yoshiki のこと

先日何気なくテレビをつけてたら、ちょっと驚く内容の番組をしていた。 中居正広の金スマでX JAPAN Yoshikiが自分のこれまでのことを語るものだ。 X JAPANのhideが好きだった。ピンクスパイダーとかダイズとか、カラオケで歌える。そのhideはもう亡くなって…

レッドスパロウ

新年度最初に見た映画「レッドスパロウ」、しびれた。 スパイ映画が好きだ。007もミッションインポッシブルも全部見ている。女性が主人公ならなおいい。 15年以上前の韓国映画「シュリ」は3回見てDVDまで買った。パソコンを初めて買ったとき、ハンドルネーム…

横浜で思う

窓から海と電車と桜が見える家にお邪魔した。家の中は宮崎駿のアニメに出てきそうな風情がある。築90年程だそうだ。 暖炉の炎を見ていると心が和む。クーラーは使っていないので、夏場は大変だという。今時クーラーなし!? 室内に飾ってある絵や版画は全て…

1日1コラム

今年の桜は今が盛り、去年より1週間早いです。 h文章講座の近藤勝重先生がおっしゃっていました。 「1日1コラムを書くといい。短くてもいい。何かテーマを決めて書くんです。日記を書くよりずっと文章がよくなる」 というわけで、1日1コラムみ挑戦します。 …

徳島藍染体験と大塚国際美術館

3月中旬、瀬戸大橋を渡って大塚国際美術館に行って来ました。 徳島まで2時間ほどという近さだし、高速料金も往復で五千円程でした。これならば日帰りできます。 大塚国際美術館の前に藍染体験もしました。 これは藍の葉っぱを乾燥させたもの。 これはが葉っ…

茨城県大洗町へ

翌日仕事で、東京と茨城県大洗へ行きました。茨城県は初めての地です。 大洗は海沿いの町で、宿泊するところも高かったので水戸に泊まりました。夜は健さんのポスターが迎えてくれる店で食事をしました。 何か語りかけて来そうな素敵なポスターです。 まっす…

2018年の富士山

1月の第2土曜日飛行機で東京日帰りをした。富士山がくっきり見えた。いいなあ富士山。見えると気分が上がる。 岡山空港を7時過ぎに飛び立って8時前頃見えただろうか。羽田に着く頃も再び見えて何度も写真を撮った。 1月に富士山が見えたそれだけで今年も良い…

ラオス旅3 主に寺編

ラオスで見るものは主に寺だ。それほど興味はないのだが。でも一番有名なお寺はやはり美しかった。光の加減もあるのだろうが、男女のレリーフはドキッとする美しさだった。赤い壁に埋め込まれたガラスのモザイクが美しい。 寺はここが一番で、あとはそれほど…

ラオス旅2 主に食べ物編

ラオス最初の食事はホテル朝食から。 空港から近いSパークホテルの朝食は充実していました。麺がアジアっぽい。野菜も美味しい。バイキングなのをいいことに1日分のカロリーを摂取する勢いで、食べた食べた。この写真の後、デザートにトーストも! お腹いっ…

ラオス旅1出発

岡山空港朝8時。寒い。これから暖かい国に行けるのが嬉しい。岡山空港はタダで車が置けて便利だ。 出発まで時間があったので店を見ていたら、奇跡のリンゴの木村秋則さんのお酒があった。飲んで見たいと思っていたのだ。帰りに買ってみよう。それにしても色…

帝国ホテルin東京

一カ月ほど前、東洋経済か何かを読んでいたらホテルランキングが載っていた。 食事、接客、雰囲気、立地、満足度、いろんな要素を加味してダントツの一位が帝国ホテル東京だった。 検索して見るとお値段もさすがで、泊まるには勇気がいったけれど、やっぱり…