machimachi22mermaid’s diary

旅と映画と読書が好きです。旅先でぼんやりしているとあれこれ書きたくなったので、2016年8月13日、アムステルダムにて、ブログを始めました。

母の味

母は料理がうまい。なのに、寿しもおせちも作り方を習わないまま、継がないまま、生きてきてしまった。 子供の頃、手作り餃子やコロッケは出来たてを美味しく食べたものだ。おやつだって手作りだった。アイスキャンデーは卵の黄身がマーブルになっていたっけ…

ヨイトマケの唄

先日、NHKの生歌番組で石川さゆりが歌っていた「ヨイトマケの唄」。聞き惚れた。 祖母は石川さゆりが大好きだった。津軽海峡冬景色を歌っている画面を見ながら私に似ていると言ってくれていた。私が大学生の時に60代初めに亡くなった。直腸ガンだった。 祖母…

この頃のニュース

アメフトのニュースは気になった。 なぜにあんなプレーができるのか。相手の選手生命を奪うほどのラフプレーが。 監督からの指令だったとか、監督は言っていないとか、どの言い分が本当なのか、解釈の違いなのかわからない。 こういうことはよくある。どちら…

晩ご飯

今日の晩ご飯は、カニ丼セットと、デザートに唐揚げ3個。デザート、、、です。 最近はヨーグルトを主食とした晩ご飯だったので減量しつつあったけれど、今日も明日も外食となれば、難しい。外食しながら減量できる方法はないでしょうか。とほほほh。

帯屋町のハムカツ

大学は高知に行ったので、商店街がある帯屋町にはよく出かけた。 アーケードの入り口にある精肉店にはよく行った。といっても、料理するための肉を買うわけでなく、料理してあるコロッケやハムカツを買った。中でもハムカツは30円だか幾らかでとても安くボリ…

鶴瓶の家族に乾杯

田舎の年配の人はこの番組が好きだ。「鶴瓶の家族に乾杯」 私の両親も好きで毎週見ているらしい。そこで私も見て見た。 日々の普通の営みが、するっと描かれている。イチゴ農家やら、寿司屋さんやら、漁師やら、、、大きな出来事や事件があるわけでなくご飯…

雹と霰

雹(ひょう)は5ミリ以上、霰(あられ)は5ミリ未満。 NHK俳句を見ていたら、気象予報士の井田さんが言っていました。 確か霧は秋、霞は春だよね。

戦うと競う

今朝読んだ雑誌「東洋経済」の伊藤祐靖さんの記事に「戦う」と「競う」の違いが書いてあった。 相手が負けるまでするのは戦い、両方が勝つために磨き合うのが競う、だね。 伊藤さんは元自衛隊だから戦うことをしていたと。会社は競うべきだと。んだ。 この方…

1日中1ページ

4月1日から、このブログを毎日書いている。 文章の先生が短くても毎日コラムを書くといいと言ったからだ。 2月末から、初めは小さなノートに書いていた。しかし、疲れた日は面倒になって俳句やら川柳やらわからない五七五で済ませていた。 それでも続かなく…

時間

新年度始まって一ヶ月が経った。 担任をしていた頃は、時間が経つのが遅く感じて、夏休みまでを指折り数えていた。たまに、なんの苦労もないクラスを持つと、「あれ、もう夏休み?」と思った。そんな年は四年に一度もない。 まあ、しんどいぶん夏休みの嬉し…

行列

GWの美観地区にもう一度行った。 最終日は2日前の中日より人は少なかった。が、ひときわ目立つ行列があった。 流行りの店は開店前からこんな行列だった。 幸せのプリンの店「有鄰庵」だ。 一度食べて見たいとは思ったが、こんな列に一人で並ぶのは虚しい。2…

漂泊の思いやまず

あーどっか行きたい。 連休は、実家で片付けをしたり友人とランチしたり仕事したりと、どっこもいかなくてゆったりしたのはよかったけれど、やっぱどっか行きたい。この本読んでよけい思った。 グレゴリ青山さん。 このかたの漫画は全部持ってる。全部面白い…

大昔の新聞

GWに実家で片付けをしていたら大昔の新聞が出てきた。 農協の何かの宣伝で、妹が我が家のスイトピー畑で微笑んでいる。 聖子ちゃんカットまんまのぶりっ子写真だ。 思い出した。その頃妹はマックスファクター勤め4年目くらいで、私は公務員に2年目くらいだっ…

喜寿の祝い

母の喜寿の祝いができました。私も妹もそういうことには疎かったのだけれど、妹の旦那さんが気づいてくれてかに道楽で、両親と妹家族と私とで祝うことができました。 父は現在車の運転を止められているので遠出ができず、孫にも最近会っていなかったのでいい…

連休の倉敷美観地区

連休の美観地区はすごい人だ。倉敷駅の改札口から人が溢れ出ている。 友人と12時にランチの約束をしたので早めに出て並んでおこうと思ったら予想どおりの人出だった。駅からセンター街を抜ける時に「ひがし田」を通った。 ここのモーニングを一度食べたかっ…

アウン=サン=スーチーさん

WOWOWで見た映画、おもしろかったわあ。アウン=サン=スーチーさんの。 去年の夏に行ったから余計によかった。ミャンマーの軍事政権はどうにもならないものだろうか。それをよしとする人もいるから続くのか?北朝鮮もしかり。 ロヒンギャ問題も続いている。 …

初夏の花

この薄紫の花はアヤメ?アイリス?カキツバタや菖蒲ではないよね。5月初旬に目にします。 夏の花は夏にふさわしい色です。春のピンクや黄色から、涼しげな寒色系の花が爽やかです。 うちはスイトピー農家だったから、流行りの色について聞いたことがあります…

初夏

春が終わった。初夏だ。 早春は一年中で最も好きな季節だ。寒い冬が終わり、暖かくなり花が咲き鳥が鳴く。別れはあるけれど出会いがある。新しいことが始まるワクワクがある。物事が良い方向へ行きそうな気がする。早春には希望がある。 そんな早春から晩春…

春の叙勲

春の叙勲なんて遠い世界だから興味もなかったのだけれど、知り合いの方がもらった。ミワアキコさん。 彼女とは四年前、ポーランドで知り合った。魅力的な人で話を聞くのが楽しかった。 当時私は中国に住んでいて、夏休みの旅行でポーランドのアウシュビッツ…

大片付け2

昨日、大片付けをしながら思った。 この下着は新しいしかわいいけれどもういらない、し、入らない。 このスーツは一番痩せた時期に数回きたけれど、もう入らないし派手すぎて似合わない。 このハイヒールも痛くてはけないし、はまらない。 そうなのだ、私の…

大片付け

つかれた。一日中へやをかたづけた。 まだ着るかもしれないと思っていた服も、見るかもしれないと思っていたびでおも、読むかもしれないと思っていた本も雑誌も、捨てた捨て捨てた。すっきりー。まだまだ捨てたい。部屋が広くなった。タンスも空っぽ。いいわ…

選択は苦痛である

選択は苦痛である。 中国に3年間住んでいたときは、欲しいものがなく、服も靴もほとんど買わなかった。なければ、あるものでやっていける。 スーパーに行っても初めは生野菜は怖くて買えなかった。そのうち開き直ってちょいちょい買うようになった。 納豆は…

横溝正史の世界

中学生のころ、横溝正史の本や映画が流行った。 八つ墓村、悪霊島、獄門島、悪魔が来りて笛を吹く、犬神家の一族、、、。 その雰囲気を思い起こさせる店に行った。蕎麦屋なのだけれど、昭和の匂いがする品々が並んでいる。昔の我が家や祖父母の家を思わせる…

蕎麦

初めて蕎麦を食べたのは大学生の時だ。 蕎麦とラーメンは同じもので言い方が違うのだと思っていた。大学生のとき北海道旅行をして友人と駅の蕎麦屋にはいって、蕎麦を食べ、蕎麦湯を飲んだ。その時、ラーメンとは明らかに違う食べ物だということを認識した。…

五枚笹という店

初めての店。美味しゅうございました。 m

火事

昨日、火事があった。 小学三年生の子が一人で料理をしていたのがもとで全焼したという。親に電話をするもの繋がらず、怖かったろう。心に深い傷を負ってしまった。 大学生の頃、同級生の家が全焼した。地元を離れていた友は知らせを聞いて駆けつけようとし…

連休前に

気がついたら連休前1週間だ。 今年は4連休があるから、どこか行きたい。海外も考えたが、まだ迷い中。 それよりも母の喜寿の祝いを入れたい。こういう祝い事には疎くて、妹の夫から言われるまで気がつかなかった。 誕生日の祝いなんて我が家では子供の頃しか…

社訓と座右の銘

本日も木々にてモーニング。ダイアモンドを3冊読んだ。 興味深かったのは、社訓。 それぞれの会社の理念が込められた言葉で、大きなものから小さな?ものまでどれもなるほどでした。 人間でいうと座右の銘かな。「わたしは生きてるだけでまるもうけ」と「人…

木々珈琲舎モーニング

初めて木々珈琲舎のコーヒーを飲んだ時、トーストを食べた時、驚いた。おいしい。 コーヒーはすっきり。トーストはバターの香りとサクサク感ともっちり感がいいバランス。幸せな朝の始まりだ。 週刊誌もいいセレクトだ。東洋経済なんてここで初めて読んだ。…

トヨタと風水

今日、上司と話していて風水のはなしになった。 上司は、そういうことは信じないのだけれどと前置きしながら、 「北東に白南天を南西に朱南天を植えると言われているから云々」と言いました。 三年前、中国にいた時、職場研修でトヨタでの話を聞いた。その時…